コップ

健康にいい水素水は濃度が高い!人気の製品を探そう

PPMが高いほうが良い

コップを持つ人

水中の水素量を表すPPM

健康維持に水素水が良いことが徐々に認識されるようになってきました。多くの方が愛飲するようになり、たくさんの水素水が販売されるようになりました。種類が豊富になり選択肢が広がりましたが、どれを選んでも同じというわけではありません。販売されている製品のなかには、水素が少ししか含まれていないものもあれば濃度が高い製品もあります。効果を実感したい方は、水素水の濃度を表す単位ppmに注目しましょう。ppmと聞くと有害物質の含有量を表す単位にように思われるかもしれませんが、ppmは水中の物質の含有量を表す単位ですので有害・無害の別なく利用されています。濃度によって実感できる効果が違うことがすでにわかっています。濃度が0.4ppmと0.8ppmの製品があるとしたら、0.4ppmの製品より0.8ppmの製品のほうが高い効果が得られます。0.8ppmと1.0ppmの製品があるとしたら、1.0ppmの製品を選びましょう。どの製品のパッケージにも濃度が記載されていますから、比較しようと思えばとても簡単に比較できます。最近は、高濃度の水素水も販売されていますが、摂り過ぎに注意する必要はないのでしょうか。摂り過ぎを心配される方もいますが、どれほど多く摂ったとしても心配する必要はありません。濃度が高過ぎることで体に悪影響を及ぼすことはありません。ただ、ppmの高さと効果が正比例するかどうかは別の話です。高濃度の製品の場合、そのまま吸収することができるかどうかで効果が違ってくるからです。いくら濃度が高くてもそのまま吸収されるとは限りませんから、吸収できるかどうかがポイントになります。一般的に1.0ppm以下なら濃度が高い製品を選び、1.0ppm以上になったなら摂取量など他のポイントで選んだほうが良いとされています。